歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、大きく分けて細菌が原因となる歯肉炎、歯周炎、そして、かみ合わせやかむ力の強さが原因となり起こる咬合性外傷があります。

細菌感染や、歯周組織への過負荷により、歯の土台の骨が小さくなっていくのが歯周病です。

歯肉炎

健康な歯肉  歯肉炎 

歯肉炎

歯肉炎は、バイキンのかたまりである歯垢が原因で歯肉が腫れる病気です。
お口の中は、湿っていてあたたかいので、バイキンがとてもよく繁殖します。そのバイキンの繁殖により歯肉が炎症を起こし、腫れ、出血しやすくなります。

歯垢と、歯垢が固く石灰化した歯石をよくおそうじして、毎日のハミガキ等のお手入れをしっかりやることで回復します。

歯周炎

「歯肉炎」が歯肉のみの病気だったのに対して、「歯周炎」は歯肉の下にある、歯を支えている骨「歯槽骨」が溶けて小さくなってしまう病気です。

歯垢の毒素が強くなり、歯肉のみでは留まれなくなると、今度は下にある歯槽骨に影響を及ぼし始めます。すると、歯槽骨は身体を守るために、毒素から逃げるように自ら骨を溶かしていきます。

こうして歯槽骨はどんどん小さくなり、しまいには歯を支えきれなくなって、歯を抜かざるをえなくなる。

これが歯周炎です。

歯周炎
※プラークとは歯垢のことです。

中等度歯周炎

歯肉炎

中程度まで進んでしまった歯周炎です。

歯肉の上の方にはプラーク(歯垢)が、そして歯肉の中の方に「歯肉縁下歯石」と書かれた歯石が付いています。

歯肉が腫れたままで歯槽骨が小さくなってしまうと、歯と歯肉のすき間が深くなってしまいます。このすき間を「歯周ポケット」といいます。「歯肉縁下歯石」とは、この歯周ポケットに入り込んだプラーク(歯垢)が石になってしまったもの。

これは、歯肉の炎症や歯槽骨が溶けるのをさらに進めます。
歯科医院で歯垢、歯石をよく取り、自宅でのハブラシや補助用具を使ったきめ細かいお手入れが必要になります。

重度歯周炎

歯肉炎

重度の歯周炎です。
歯肉縁下歯石が増え、歯周ポケットが深くなります。歯槽骨が、歯を支えられないほど小さくなり、揺れも大きくなります。

こうなると、歯を残すのは難しくなりますが、可能なかぎり歯石を取り、レーザーや薬による消毒を繰り返すことで良くなることがあります。同時に、自宅での正しいハミガキを徹底し、歯肉の血行を良くします。

それでも残せないと判断した場合は抜歯になります。

咬合性外傷

歯垢、歯石による炎症ではなく、噛む力の強さによって歯槽骨が減っていくことがあります。咬合性外傷といいます。

かみ合わせが合っていなかったり、歯ぎしり、くいしばり、かみしめ、接触癖などにより、負担がかかる部分の骨だけが少しずつ減っていきます。

症状に合わせて、かみ合わせの調整や自宅で歯肉マッサージなどのケアをすることで多くは回復します。

症状がひどい場合は、神経や周囲の組織に影響が出ることがありますので、神経の治療や抜歯になることもあります。

歯周病セルフチェック

歯周病かセルフチェックすることができます。

以下の項目に一つでも当てはまることがあれば、歯周病の可能性がありますので、一度歯科医院を受診することをおすすめします。

  1.口の中が粘ついた感じがする。(特に起床時)
  2.歯肉(歯ぐき)がむずがゆい感じがする
  3.歯肉から自然に血が出る
  4.歯肉が痛む
  5.歯肉が赤く腫れている
  6.歯肉を押すと膿が出ることがある
  7.ハミガキをするとハブラシに血がつく
  8.歯と歯の間に食べ物がよくはさまる
  9.歯が以前より長くなったように見える
  10.歯がぐらぐらする
  11.固いものがかみにくい
  12.口臭が気になる
  13.歯垢や歯石がたくさんついている

このページの先頭へ