虫歯治療

虫歯治療

虫歯は、歯垢というバイキンのかたまりが歯を溶かすことで起こる感染症です。最初はしみるくらいの状態から始まり、時間をかけて大きくなっていきます。段階別の状態と、特徴、治療方法をご説明します。

第一段階 C1-歯の表面(エナメル質)の虫歯

虫歯C1 虫歯C1 虫歯C1 虫歯C1

見 た 目 歯の表面がチョークで書いたように白くなる。
溝が薄い茶褐色になる。
特   徴 痛みがないので、よく観察しないと虫歯かどうかわからない。
治   療 むし歯の部分をとり、金属やプラスチックをつめる。
痛みはほとんどなく、1,2回の通院ですむ。
第二段階 C2-歯の中(象牙質)まで進んだ虫歯

虫歯C2 虫歯C2 虫歯C2 虫歯C2

見 た 目 溝が茶褐色、または黒くなっている。
C1よりも虫歯の色が濃く、はっきりとむし歯とわかる。
特   徴 冷たいものや甘いものがしみる。
治   療 虫歯の部分をとり、金属やプラスチックをつめる。
少し痛むので、麻酔を打つこともある。
1,2回の通院ですむ。
第三段階 C3-歯の神経(歯髄)まで進んだ虫歯

虫歯C3 虫歯C3 虫歯C3 虫歯C3

見 た 目 歯にぼっかりと大きな穴があき、食べ物がよくつまる。
舌でさわって、穴が開いているのがわかる。
特   徴 熱いものがしみる。
かんだりしないで何もしなくても、がまんできないくらい痛い。
顔がはれることもある。
治   療 歯の神経をとって、中に樹脂をつめてから、金属の心棒を立てる。その上から、金属やセラミックをかぶせる。
神経の治療に2~5回、金属をかぶせるのに2~3回の治療が必要。
第四段階 C4-歯の根だけになった虫歯

虫歯C4 虫歯C4 虫歯C4 虫歯C4

見 た 目 歯の上の部分がなくなり、ぼろぼろになって、どこが歯かわからない。
かろうじて根だけ残っている。
特   徴 神経が死んでいるため痛みはあまりない。
根の先にウミがたまる。
治   療 進行の度合いによっては残せる場合もある。歯の神経をとって、中に樹脂をつめてから、金属の心棒を立てる。その上から、金属やセラミックをかぶせるか、根に蓋をして細菌に感染しないようにして残す。
神経の治療に2~5回、金属をかぶせるのに2~3回の治療が必要。

残せない場合は根を抜き、両どなりの歯をけずって金属をかぶせて、にせものの歯をつなぐ(ブリッジ)か、入れ歯(義歯)を入れる。
根を抜く治療は1,2回。ブリッジの治療が2~4回、義歯にする場合は2~4回ほどかかる。
C” 二次カリエス-治療したところからまたできる虫歯

虫歯2C

見 た 目 つめものがこわれたり、歯がかけたりしている。
つめたり、かぶせたりした所の周りからむし歯になっている。
特   徴 自分で気が付かないうちに、症状が進んでいくので、注意が必要。
治   療 つめものや、かぶせものを外し、むし歯の部分をとる。
もう一度、つめもの、かぶせものを作り直して入れる。 1~2回ですむことが多い。

虫歯の治療は、保険と自費の二つの治療方法があります。

初期の段階では歯の色に近い樹脂を詰めることが多く、これは保険でできます。

症状が進行し、保険では治療が難しいと判断した場合は、自費をおすすめすることもあります。

患者さん一人一人の症状や、生活スタイルなどをよく話し合い、多角的な視野で一番いいと判断できる治療方法をご提案しています。

このページの先頭へ