入れ歯(義歯)について

入れ歯(義歯)について

何らかの理由で歯が抜けてしまったところへ、代わりになる人工の歯を入れます。その人に合ったものを、オーダーメイドで作ります。保険で作るものと、自費で作るものがあります。

部分入れ歯(部分床義歯)

部分入れ歯  部分入れ歯 

部分的に歯が抜けてしまった場合に作る入れ歯です。残っている歯にバネをかけ、入れ歯を安定させます。

バネは金属を使ったものと、歯肉と同じ色をした樹脂製のものの2種類があります。樹脂でできたものは自費になります。

また、より軽く安定性の高い金属をベースに作るものもあります。変形しにくいので、持ちも良いです。これも自費になります。

患者さんの状態に合わせ、相談の上、もっとも良いものをおすすめしています。

総入れ歯(全部床義歯)

総入れ歯  総入れ歯 

何らかの原因ですべての歯がなくなってしまった場合に作る入れ歯です。

バネをかけて安定させる部分入れ歯とは違い、歯の粘膜に入れ歯の裏面を吸着させることで安定させます。

写真は保険適用の入れ歯で、すべて樹脂で作られたものです。安価で修理、調整が比較的簡単にできる反面、厚みがあるので、味がわかりにくい、しゃべりにくい、汚れがつきやすいなどのデメリットもあります。

金属床義歯

金属床義歯 

支持部分が金属で作られた入れ歯です。部分入れ歯、総入れ歯両方とも作ることができます。保険の入れ歯に比べ薄く作ることができるので、より違和感の少ない入れ歯にできる可能性が高くなります。

使用する金属が数種類あり、軽さ、身体へのやさしさ、装着性、耐久性、価格など、それぞれ特徴が異なります。ご相談の上、もっともよいと思われるものをおすすめします。

自費診療になります。

コンフォート

コンフォート  コンフォート 

入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、新しい入れ歯の技術です。部分入れ歯、総入れ歯両方で作ることができます。

クッション性があり、歯肉やその下にある骨をやさしく保護してくれます。噛んだときの圧力を軽減し、痛みをやわらげます。また、適度な弾力により吸盤のように吸い付くので安定性も良いです。

よくお手入れをしていれば、長期間の使用が可能です。

自費診療になります。詳しくはご相談下さい。

このページの先頭へ